専門家ワークショップを実施しました(2013.2.5)

モデル地域のひとつ、美和台校区での全世代ヒアリングと地域将来予測の結果を受け、美和台校区のニーズを整理し、解決策の方向性を探る専門家ワークショップのモデル案を実施しました。(2013.2.5)

DSCN0562

ヒアリング結果を世代とテーマで区切ったマトリックスに書き出し、そこからニーズとシーズを組み合わせ、解決に向けた取組みのモデル案を、専門家チームがワークショップを通じて作り出しました。

DSCN0551

次いで、それぞれのモデル案に対して点数評価をし、課題とそれに対する対応策の優先度をつけていきます。

DSCN0569

今後は、ここで得られた方向性を地域へフィードバックしながら、具体的な動きを作っていく段階に入っていく予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です